ただいま、職業訓練中。「webクリエータ科」

カラーの授業で学ぶ

初日の授業がカラーの授業だった。大人になるにつれて、勉強ができる機会なんて持つこともできず、くすぶってた勉強したい熱に白が出て、カラーの授業で、ああ、なるほどな、と思うことがたくさんあった。

カラーの授業で学んだこと

・科学的な色の見方
・一般的に言われてる色と心理的な効果
・一般的な概念による、色の組み合わせと名前
・自分の好きな色の傾向

正直、職業訓練については私は期待してなかった。と言うのも、海外の大学で、自分の感覚を育てるところを重視し、スキル面では、自分の作りたいものの中で、できないことはチューター(日本でいう、先生)に聞いて、スキルアップしていくという、完全に自分のスタイル、作りたいものを作る主義だったからだ。

グラフィックデザインを学ぶとは

私はファインアートの世界から(芸術)、グラフィックデザインへコース変更したのもあり、グラフィックデザインの世界がいかに、チームワークが必要で、論理的な思考に偏り過ぎてしまった為に、イメージが浮かばなくなってしまい、スランプに陥りました。

クリエイティブ業界で働くとは

クリエイティブ業界、残業は当たり前、作れないのプレッシャーなど。

デザインをするのは、自分のタンスを肥やすしかない。自分の引き出しをいかに多く持ち、そのセンスを求められてるものにスイッチさせる。

それは、写真にも言えることで、カメラをどう扱えば、どう言う写真が撮れるのか引き出しを作っておくことで、商業要素にも置き換えられる、と言うことでもある。

WEB業界へ行くのに有力な情報サイト

今日調べたサイト。

itkeijyoshilog.tosssaurus.com

今日の職業訓練の授業で、細かいちょっとした見せ場や工夫が、良いサイトを作るんだなと分かったこと。卒業生のサイトを見たけど、一言で言うと、しょぼい。なんでだろう?と考えてたら、上記のサイトに答えが載っていた。

私はもともと、写真のワークショップに行った時に、何かが人と違うところなのかそれが「小さな違和感」と言う言葉を、私の好きな写真家が言っていた。

その小さな違和感こそが、webデザインでも言い換えられる、ちょっとした細かい表現、見せ場を作る、と言うことなんだと思う。

結局のところは

自信がない人っていうのは、引き出しが少ない

色々なアイディアを考えたりすることもできないし、先程言った物事に対しての問いを立てるということも、色々なことを知ってないと、出てこないですよね。

やり続けるしかありません。才能がある人なんてこの世にほとんどいないわけで、生業としてのデザイナーになれるかどうかというのは、諦めないでやり続けるだけだと思っています。 

 引用元:

blogs.adobe.com

写真業界の体制が私は苦手すぎて辞めた。それならば、仕事の体制として、やり続けられそうな、紙媒体かWEB媒体に。

写真とグラフィックは似てるようで全く異なる。写真は一瞬だけども、グラフィックやWEBは考える工程が大きい。

今回採用されたところは、写真も撮れるところ。とは言ってたけれども、本当に写真を撮らせてくれるのかは定かではない。バナーを作ったり、企画をしたりと、割とデザインにも携われるようなところではあるけれども、0から作るところではない。

終わり。